矯正治療

 矯正治療に使われる装置

 表面ブラケット矯正
◆ 歯の色に近く、目立たない装置から、ピンクやブルーなどカラフルで楽しい装置まで取り揃えております。

ブラケットという装置を歯の表面に取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく、もっとも歴史あるスタンダードな矯正方法です。
昔に比べ、ブラケット自体も小さくなっており、金属だけではなく透明なセラミックでできた目立ちにくいものや、ピンクやブルーなどカラフルなものを選ぶことができます。



 メリット
デメリット
・インビザラインより費用が安い
・他の治療法より治療期間が短くなることもある
・不快感が比較的少ない
・装置が見え、矯正していることがすぐ分かる
・装置による違和感が気になることがある

 インビザライン矯正(マウスピース矯正)
◆ 透明で取り外し可能なプラスチックのマウスピースを装着し、歯を移動させる治療方法です。

インビザラインは、「アライナー」と呼ばれる透明で、 取り外し可能 な矯正装置(マウスピース)を使用する、米国で開発された歯列矯正システムです。
患者さまひとりひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造し、段階的に取り替えて使用することで歯の移動を行います。

患者様は治療目標が達成されるまで、通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、一日約20時間装着し、歯を徐々に移動させます。



 メリット
デメリット
・透明感があり、装着していても目立ちません
・取り外し可能なので衛生的
(食事や歯磨き時に取り外し可能なため、治療中口内の清潔がより良く維持できます。)
・不快感が比較的少ない
(装置の装着時による不快感が他の装置に比べて比較的軽減されます。)
・症状によっては使用できない場合があります
・他の治療方法に比べて費用がかかる
・食事後は必ず歯磨きが必要

 インビザライン紹介ムービー

 インビザライン治療の流れ

 精密印象
お口の中の精密検査を行い、治療方針をインビザラインで矯正治療を行うことに決まったら、まず特殊な材料で精密な歯形をとります。



 資料を米国アライン社へ郵送
検査結果を基に作成した治療計画書、歯形、検査資料などを郵送します。



 治療終了までのシミュレーションを作成
アライン社にてプログラマーが、治療計画に基づき、歯形をコンピューター上で3DCG化し、治療終了までのシミュレーションを作成します。



 当院にてシミュレーションのチェック
アライン社で作成された3DCGシミュレーションを、当院の院長がチェックや修正を行います。



 アライナー作製
数十段階に分けて、治療シミュレーションに基づいたアライナーが作製され、アライン社から当院へ郵送されます。作製されたアライナーは、清潔さを保つため、ひとつひとつパッケージされています。
歯形を取ってから治療開始までは、約1ヶ月から1ヶ月半かかります。



 治療開始・定期ご来院
約2週間ごとに新しいアライナーに交換しながら、徐々に歯を理想の並びに動かしていきます。治療中は、食事時以外はほぼ一日中装着が必要となります。



 精密印象
治療終了後は、どの治療方法もリテイナーと呼ばれるプラスチックでできたマウスピースをはめて保護します。

 子どもの矯正

成長段階にある子供は歯やあごの骨のコントロールがしやすく、成人と比べて早く治療を終えることができます。大人になってから始める矯正よりも、自然で美しく、機能的な口元を手に入れることができます。
お子様がまだ小さいうちは、治療を理解できず、矯正を苦痛に感じるという問題点もあります。保護者の方が、正しい知識と矯正の必要性を理解し、お子様へ分かるように説明を続けていくことが大切です。


また、治療は早いほうがいいと言っても、実際にはその時の状態によって治療開始時期は変わってきます。どちらにしても、お早めの相談をお勧めします。

 2段階治療 (子どもの矯正)

子供の矯正治療は、症状により、始める時期が「早期治療」と「本格治療」の2段階に分けられます。

 早期治療 (乳歯が生えている4歳くらいから、乳歯と永久歯が混ざっている9歳まで)
早期治療は、主にあごの形や大きさなどの改善を行うものです。
かみ合わせや歯並びの矯正も重要ですが、この時期にあごが未発達のままであったりすると、中学生位になって永久歯が生えてきたときには生える場所がなく、健康な永久歯を抜いて治療をしなければならないこともあります。
本格治療時に抜歯しなくても治療できる可能性が高くなるのは、早期治療のメリットです。また、早期治療を行うことによって、その後の本格的な治療が不要になる場合もあります。
大人の前歯上下4本が生えそろう7歳前後に、一度検診をお受けになることをおすすめいたします。

 本格治療 (装置をつけた本格治療は12歳以降から)
永久歯が生えそろった12歳以降からは、矯正装置を漬けての本格治療が始まります。このころになると、歯並びはほぼ完成しており、あごの大きさもほぼ固定してきます。もし早期治療をしていなく、あごの成長を利用した治療を行っていない場合は、8割近くが歯を抜いて治療することになります。この抜歯は歯がきちんと並ぶスペースを口の中に作るためのものです。
健康な歯を抜かなければならない可能性はあるにしても、本格治療からのスタートはトータルでは治療期間は短くなることが多いです。

 早期治療のメリット
・将来生えてくる大切な永久歯を抜かずにすむ可能性が高くなります。
・あご(骨格)の成長発育を正しく誘導することができます。
・本格治療が必要な場合、治療期間が短くなる、もしくは不要になる可能性があります。

伊藤歯科矯正医院
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-30 福岡天神第一生命ビル5F
092-713-5386